リズミック・ムーブメント・トレーニング

※トレーニングのみで、改善する訳ではありません。ご家庭で、幾つかの方法を取り入れて頂く事で、はじめて効果が得られる可能性があります。「少しづつであれば、もちろん家でも試してみたい」と思われる保護者様を歓迎致します。

※不安や緊張が強く保護者様の言う事をなかなか聞けないお子様の場合は療育(やリズミック)だけでなく、先にCAREプログラムを実施させて頂く場合があります。

原始反射とは、赤ちゃんが成長・発達するために必要な反射のことです。本来は、成長する中で自然と原始反射は整いますが、多くの子どもに原始反射は残っています。子ど原始反射を整えることは、子どもの土台を育てる事につながります。


リズミック・ムーブメントと原始反射

 リズミック・ムーブメント・トレーニング(以下リズミック)はスウェーデンで生まれた、赤ちゃんが成長・発達するために自然に行うリズミカルな運動のパターンを基礎とした反射の統合プログラムです。お子さんが小さい頃、(大人が)手を差し出すと、ぎゅーっといつまでもこちらの手を強く握ってきた(手の反射)、というご記憶があるかと思います。そうした反射の事を原始反射といいます。

 もし、お子さんがその頃の手の反射がまだ残っていて、それが文字や絵を描く事などに影響しているかもしれない、としたらいかがでしょうか。また、大きな音にものすごくびっくりしたり、感覚が敏感(鈍感)だったりする事に反射が影響していたとたら、、、。体の緊張やバランス・姿勢を保持する力にも体の(自然な)反射は関係しています。リズミックでは、それらの反射を整えるアプローチをどんなお子様にも、その子に合った方法(ムーブメント)で提案していく事が出来ます。反射を整えることで、以前よりもずいぶんと体を意図的に動かせるようになるかもしれません。

事例

・準備中

こんなお子さんへリズミックを(学習編)

就学前の学習の準備としてのトレーニング

 ▫️注意力・集中力を伸ばしたい

 ▫️物をしっかり見る力をつけたい

 ▫️楽に姿勢を保持が出来る身体を育てたい

 ▫️聞き取りの力をつけたい

小・中学生以上

 ▫️注意・集中が苦手で落ち着きがない

 ▫️読み書きが苦手

 ▫️板書が苦手

 ▫️聞き取りが苦手でボーっとしている


こんなお子さんへリズミックを(運動・行動編)

運動がしやすくなります

 ▫️自分の体のイメージ力をアップ

 ▫️バランスの力を育てます

 ▫️模倣(相手の動きを真似する、状況理解、協調性を高め

  る)が苦手

 ▫️身体を動かすのが不器用

 ▫️手先の不器用さがある

行動のコントロールがしやすくなります

 ▫️力加減が苦手

 ▫️気持ちをコントロールする力を育てたい


こんな子にリズミックを(コミュニケーション編)

 コミュニケーションがとりやすくなるかもしれません

▫️不安行動を減らして、安心な行動を増やしたい

▫️かんしゃく行動を減らしたい

▫️その場に合わせた行動をとる事が苦手

 


©そらとぶアヒルの相談室